TOEICのスコアの基準について。

就職や転職の際に身につけておきたいスキルの一つである英語。その中でもはTOEICは、ビジネス英語の実力を測る指標として企業や学校などで広く採用されています。業務上で英語を使用するという企業は多いです。履歴書にTOEICのスコアを書きたいと思っているけれども、何点以上だったら書いてもいいレベルなのか分からないという人もいるのではないでしょうか。一般企業が示すTOEICスコアの最低ラインは600点が相場のようです。実際に求人広告を見てみても、基準として600点前後を掲げている企業は多いです。しかしながら、国際的な企業で働きたいと思っているのであれば、750点ぐらいが目安になる事が多いです。また国内の一流企業であれば、800点以上のスコアを求められる事が多くなります。自分がどんな企業に就職したいかによって、目指すスコアは変わってきます。

TOEICの概要と勉強のコツ

TOEICを日本語訳すると「国際コミュニケーション英語能力テスト」です。公式ホームページによりますと、日本経済が世界経済の枠に組み込まれたことにより「もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く」ための実効性のあるプログラムとして開発されたものだそうです。一般企業の採用試験の際にTOEICの点数が高いと有利となることが多く、これから就職や転職を考えている場合は受けておいても損はありません。テストは年10回もありますので、自分のスケジュールに合わせて好きなときに受けることができます。ただし、受験地によってテストがない回がありますので注意が必要です。勉強するときは、TOEICによく出る単語や文があるので、普段英語を勉強している場合も専用の問題集を用意したほうが良いです。また、本番はリスニング45分、リーディング75分の合計2時間、問題数は200問もありますので、かなりのスピードと集中力が必要とされます。普段から時間を決めて問題を解くなどして、慣れておいたほうが良いでしょう。特にリスニングは次から次に流れていきますので、即時の判断が必要です。わからない問題があっても気にせず、次の問題に集中することも大切です。

TOEICの内容について

TOEICとは、合否ではなく10点から990点までのスコアによって評価が決まります。このスコアは、評価基準を一定に保つようにする為の統計処理が行われるので、各々の英語の能力に変化がない限り、スコアも一定に保たれている点が特徴であると言えます。これにより、現在の英語力を正確に把握したり、また、自分の能力に応じた目標を設定する事が出来ます。TOEICは、世界約150カ国で実施されており、全世界に共通する事柄を内容にしています。また、TOEICは英文和訳や和文英訳などのスキルだけではなく、身近な生活の内容から広くはビジネスまで、どれだけ英語でコミュニケーションできるかということを測ります。英語を使った仕事に就きたい方には欠かせないテストであると言えます。また、ListeningとReadingという受動的な能力を客観的に測定することにより、Speak