TOEICが5月から一部変更になります

TOEICの試験内容が2016年の5月から一部変更になります。TOEICは「リスニングパート」と「リーディングパート」に分かれており、双方495点ずつの990点満点です。問題数は各々100問ずつで、リスニングが約45分でリーディングが75分です。まずリスニングパートにおける変更点は、パート1の写真問題とパート2の応答問題の設問数が減少されるようです。そしてパート3とパート4の会話問題の設問数が増加されるようです。また、会話問題も従来のものとは一部変更があるようで、これまでパート3の会話問題は2名で行なわれていましたが、これが3名で会話する設問が追加されるようです。そして問題用紙に掲載されている「図」の情報をリンクさせて解答する問題が加わるようです。そして会話の中で、話し手が意図していることを問う設問もあるようです。これらの変更に対応する勉強をしてゆくか、もしくは変更前の今のうちに受験してスコアを確保しておくかの選択肢があります。

英検とTOEICの違いについて

英検、いわゆる英語検定は一級、二級などの階級が分かれていますが、TOEICはそうではありません。級の合否ではなく、テストのスコアが結果として知らされます。テストの内容の英語は、日常生活であったりビジネスにおけるシーンを題材にしたものが多く、特にビジネスにおいて頻繁に使うであろう語彙や表現が数多く登場します。英文の難易度については、英検1級と比較するとやや簡単であると言えます。TOEICは、主に日本と韓国のビジネスパーソンに向けて制作されたテストなので、日本人や韓国人が苦手とする発音の聞き取りなどの、ウィークポイントを突く問題がよく出題されます。テストの構成については、英検と比べてやや特殊なので、初めて受験をする場合は問題形式を予習しておいた方が良いかもしれません。リスニングは、Part1~4の4パート、リーディングはPart5~7の3パートに分かれているのが特徴です。受験が初めてであっても、問題の形式を予め理解し、できるだけ多くの練習問題に触れて解答をするのを繰り返しておけば、安心して本番に臨む事が出来ます。英語を活かした仕事に就きたい方は、積極的に受験をする事をお勧めします。

TOEICでハイスコアを

TOEICでハイスコアを取る事は、就職に大変有利になって来ます。英語にまつわる学科ではなくても、学生のうちに受けて、自分の実力を調べて置く必要はあるのではないでしょうか。外資系企業はもちろん、暗黙の了解で英語は話せなければなりませんし、それに伴いTOEICでハイスコアを取得しておいた方が結果が形となって見えるので、何かと有利に物事が運ばせることが出来るでしょう。外資だけではありません。日本の大手企業なども、海外事業部や海外赴任を希望している人、出世して会社役員にのぼりつめたい人などは、自分の武器として必要になって来るでしょう。現に会社主体で社員にTOEICを受けさせて、その結果を人事等でまとめて社員の実力を図っている企業などもあります。ちなみに海外赴任を目指すなら、800は欲しい所ではないでしょうか。